• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

金融機関の口座明細を取得、PCAソフト連携するサービスのご紹介



特集・ワンポイント・コラムなどの記事が掲載されているお客様向けの情報サイトです。


  • No : 6472
  • 公開日時 : 2023/11/28 14:16
  • 印刷

扶養親族等の数を自動計算するにチェックを入れていますが、登録した家族の人数と扶養親族等の数に表示される人数が異なります。

扶養親族等の数を自動計算するにチェックを入れていますが、登録した家族の人数と扶養親族等の数に表示される人数が異なります。
カテゴリー : 

回答

登録した家族の人数=扶養親族等の数に表示される人数にはならないケースがあります。
 
扶養親族等の数は、扶養区分や障害者区分、本人の寡婦等区分などによって決まります。
各設定によって何人でカウントされるかは以下の通りです。
 
【1人】
・配偶者の源泉控除対象配偶者が対象
・扶養親族の扶養区分が一般扶養親族、特定扶養親族、老人扶養親族(同居)、老人扶養親族(その他)
・本人、配偶者、扶養親族の障害者区分が一般障害者、特別障害者
・本人の寡婦等区分が寡婦、ひとり親
・本人の他区分で勤労学生にチェック有
 
【2人】
・配偶者、扶養親族の障害者区分が同居特別障害者
 
【参考】
配偶者の登録があっても、源泉控除対象配偶者が対象外であれば、扶養親族等の数には含まれません。
本人の合計所得金額が900万円以下、且つ配偶者の合計所得金額が95万円以下であれば、源泉控除対象配偶者を対象にしてください。

アンケート:ご意見をお聞かせください

今後の改善のため、解決しなかった理由をお聞かせください。
※氏名、連絡先などの個人情報の入力はご遠慮ください。
※こちらにお問い合わせ等をご入力いただいても、返答は致しかねます。
見つからない場合は、「PCAサポート&サービス会員専用ページ」のメールフォームでも受け付けておりますので、ご利用ください。お問合せの際は製造番号と電話番号が必要です。