• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1413
  • 公開日時 : 2022/05/31 21:37
  • 更新日時 : 2022/06/27 19:23
  • 印刷

電子帳簿保存法とは

電子帳簿保存法とは
カテゴリー : 

回答

帳簿(総勘定元帳、仕訳帳、現金出納帳等)、国税関係書類(貸借対照表、損益計算書、決算書類等)、証憑類(領収書、契約書、請求書等)には確定申告書の提出期限の翌日から7年間、証憑類は5年間の保存義務期間がありますが、これらを紙で残しておくのは保管用のスペースや印刷代など膨大な手間やコストがかかります。
そのため、これらの書類をソフトで作成・保存して電子データ化したり、スキャナで保存したりすることが認められており、これらのルールを定めた法律が電子帳簿保存法です。

電子帳簿保存の詳細は、以下の場所にあるマニュアルをご覧ください。
Windowsの「スタート」-「すべてのアプリ」-「PCA会計」-「マニュアル」より、『PCAソフト』マニュアルの[電子帳簿保存編]

アンケート:ご意見をお聞かせください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます
見つからない場合は、「PCAサポート&サービス会員専用ページ」のメールフォームでも受け付けておりますので、ご利用ください。お問合せの際は製造番号と電話番号が必要です。